くろさき歯科
歯を抜かない矯正

歯を抜かない矯正?

どうしても抜かなければならない場合もありますが、
他の方法を取れば、実は抜かなくても良い場合が存在します。

矯正って、必ず歯を抜く必要があるんですか?

矯正のために歯を抜くことへの不安

矯正には抜歯がつきものと言う一般的なイメージをお持ちの方は少なくないと思います。自分の健康な歯を抜く、ということには誰もが抵抗を感じるのも当然です。「矯正のために28本ある歯のうち、上下左右合わせて4本も抜きましょう」などと言われて、美しい歯並びか健康な歯かを天秤にかける選択を迫られることは、なかなかの負担となってしまうことでしょう。
できることなら歯を抜かずに、それでも矯正をしたい、という当然の希望に対してこれからお答えして行きます。

必ずしも抜歯しなければ、というものではありません

歯を抜く矯正というものはこれまで広く行われており、実績も確かな手法です。ですが矯正の手法は日々進歩しており、患者さんのお口の状況や矯正の方法によっては、一本も抜かないで歯並びを整えるということも十分に可能になってきています。不必要な抜歯をしてまで矯正をしてしまう前に、ご自身に最も適した矯正方法は何か、後悔のない矯正のために歯科医と十分な相談・検討をしてください。

非抜歯矯正は患者さんのお口次第、まずは無料相談を

歯を抜く必要がある矯正、必要が無い矯正について、それぞれこの後詳しくご説明いたしますが、患者さんのお口や顎の状況と、矯正において重視するものによって左右されるところが大きいものです。
ご自身に適した矯正はどのようなものか、お口の中を拝見して相談させていただくことが何よりの近道です。くろさき歯科では矯正をご検討の方に無料相談を受け付けておりますので、ご活用ください。

抜歯をするのは何のためですか?

歯を動かすためのスペース作りのためです

日本人は、顎のスペ-スが小さく歯が並びきらないため、歯列に全部の歯を並べるためにはスペ-スが必要だという考え方です。そのスペ-スを、小臼歯を抜いて作るという考えが抜歯矯正の考え方です。

後戻りのリスクを軽減するためです

歯が矯正前の状態に戻ってしまうことを後戻りと言います。歯を移動するスペースが十分にない所に無理やり矯正を行ったところで、人間の身体の元に戻ろうという働きによって、元の歯並びに戻ってしまう可能性があります。 その解決の1つとして抜歯による十分なスペースの確保が行われます。

口元の盛り上がりを防止するためです

十分なスペースが無いまま無理やり歯列を整えようとすると、口元が盛り上がってしまう可能性があります。 それを防ぐ手段の1つとして、抜歯が行われます。

なぜ抜歯をする矯正がこれまで一般的だったのでしょうか

歯科大学で教えられてきた矯正というものが、抜歯を前提にしたものだったからです。 歯科技術の由来となる欧米では、矯正は「見た目の改善」が目的であり欧米人にとって、人目につきやすい前歯を整えることが主眼でした。ですので、そのために奥歯を抜くことは抵抗が少なかったと考えられます。
また、技術や麻酔の発達により、痛みが少なく簡単に抜歯ができる治療方法の進歩も抜歯矯正を増大させたと考えられます。

歯を抜かない矯正(非抜歯矯正)は一般的に歯科大学などで教えていないので、歯科医によって技術やノウハウに大きな差があります。隙間を作ることが困難な患者様でも、症例数の多い歯科医院では、歯を抜かずに矯正をすることができる場合もあります。 歯を抜かない矯正を考える際には、歯科医院によって矯正の術式が大きく違うことを知っておいてください。 矯正の治療も数年前に比べて格段に進歩しているにも関わらず、新たな治療領域に踏み入らないのでは、せっかく進歩した矯正治療のメリットを、生かしたことにはなりません。

抜歯をするのはどんな歯ですか?

抜歯の第一候補、小臼歯とは

現在日本で行なわれている矯正の多くは、犬歯の後ろにある第一小臼歯を抜くことで、歯を動かすスペースを確保します。なぜ、小臼歯を抜くことが多いのでしょうか?

歯並びで気になるのは、前歯です。前歯から犬歯までの6本がきれいに並んでいると、歯並びもきれいに見えます。 犬歯のすぐ後ろにある第一小臼歯を抜けば、この6本を簡単に動かすのに都合がよく、臼歯は左右に4本づつありますから、1本くらい抜いても差し支えないだろうという考えがあったと推測できます。

小臼歯には、上下の噛み合わせを決める要素があります。小臼歯は下の顎が奥に下がりすぎてしまわないようにストッパーの役割をしています。特に上の小臼歯は他の切歯、犬歯が歯の根がひとつであるのに対して、根がふたつあります。小臼歯がなくなることで、顎の位置が固定しずらくなり、噛み合わせも不安定になります。結果、首の痛みや肩こりにつながると言われています。 小臼歯は、人間の体のバランスを機能的に保つためにも大事な歯だと言えます。

矯正のために抜歯をするデメリットは何ですか?

歯の機能を損なう可能性があります。

歯は左右の片側で7種類づつで、左右で計14本、上下で28本あります。歯にはそれぞれ役割があり、最適に食物を取り入れることができるように調和が取られています。 ですから、どの歯でも抜いてしまうことで、本来の機能が損なわれるということです。
例えば、大臼歯(奥歯)を抜けば食べ物を細かくできず消化器官に負担が、小臼歯を抜けば噛み合わせの不調、切歯(前歯)を抜けば発声や噛み切る際に不具合、といった可能性が考えられます。 また、歯の形や歯並びは顎の関節と密接な関りがあります。審美を追求するのか、歯の機能性を重視するのかで矯正の方法は違ってきます。

噛み合わせの不具合による、身体の不調の可能性があります。

抜歯によって噛み合わせの不具合が起こるリスクがあります。噛み合わせの不具合により顎の筋肉に負担がかかり、顎関節症を引き起こす可能性、筋肉の緊張による頭痛や肩こり、他にも噛み合わせのバランスが崩れることで食事が上手くできないなどのストレスにもつながる可能性があります。

非抜歯矯正が解消できる抜歯矯正のデメリットとは

ここまでご説明したように、歯を抜くということは食べる、消化する、言葉を発するといった人間の根本的な働きに影響を与えますし、身体全体の調子にも関わります。 歯を抜かずに矯正することで、歯の機能や身体の調子を損なうリスクを減らして、歯並びを整えることが可能となります。
また、将来、高齢者になった際にも自身の健康な歯が揃っていることで、充実した食生活を送ることができ入れ歯の心配も減ります。
費用面でも、抜歯には1本あたり5000円〜1万円程度、これが上下左右で4本となると4万円にもなりますが、非抜歯矯正ならその分の負担は丸ごとかかりません。
自身の健康な歯を極力減らさないという選択肢を取ることで、得になることは大いにあるといえるでしょう。

抜歯矯正と非抜歯矯正を比較し、選ぶ際に重視するポイントは?

矯正のために歯をぬくことが本当に必要なのかどうか、判断が難しい、分からないという方もきっと多いことと思います。ご自身に適した矯正方法を選ぶ際には以下の視点・ポイントについてお考えいただくことが重要です
くろさき歯科では、矯正の無料相談を行っております。不安な点や不明なところはご相談いただき、最適な矯正方法を見つける手助けとなれればと思います。

自分のニーズをはっきりさせる

まずは、ご自身のニーズをはっきりとさせることです。
見た目の美しさを手に入れたいのか? 長期にわたっても、噛み合わせ機能を向上させながら、歯並びを整えたいのか?
何を目的として矯正を行うのかを決めることが第一歩です。

矯正の方法を知る

抜歯矯正にも非抜歯矯正にもいくつかの方法があります。ご自身の場合のメリット、デメリットを聞いて矯正方法を選択しましょう。

歯科医院の特徴を理解する

歯科医院にも得意分野と苦手分野があります。近くの歯科医院に行くだけでなく、矯正の技術が高いと思われる歯科医院のリサーチをします。

矯正治療の前に自分の口の中の状態を知る

歯科医院では初診の際に、お口の検査をしてくれます。歯と歯ぐきの検査は保険で行えますが、歯並びの検査は保険外で実費となります。医院によって2~6万円かかりますが、自分の口が歯並びだけでなく、虫歯や歯茎の状態も含めて、どうなっているのかを知っていくことが、あなたに最適な矯正治療を選ぶことになります。

複数の歯科医院で説明を受ける

歯科医院によって、術式や技術力が違います。また、歯科医師による見立ても違います。複数の歯科医院に相談することをおすすめします。

非抜歯矯正ミューとは

くろさき歯科で実施している非抜歯矯正ミューは複雑なワイヤーを用いて歯全体を同時に動かすことで、歯を抜かないでも矯正のためのスペースを確保します。 見た目のみならず噛み合わせと言う点も重視をした手法で、短期間での矯正を実現しています。 抜歯とは違った形で歯を動かすスペースを確保するもので、後戻りや口元の盛り上がりの解決策は抜歯が唯一ではない、ということです。

ミューに興味を惹かれたという方は、こちらの記事で更に詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

大正13年開業。1万4000件以上の実績。
くろさき歯科
埼玉・南浦和駅前 徒歩1分
(矯正無料相談・初診専用ダイアル)
※番号をクリック(タップ)すると発信します。
はじめての方に矯正無料相談を実施しております。
お電話・予約フォームから受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

TOPへ戻る