くろさき歯科
歯を抜かない矯正

歯を抜かない矯正「ミュー」とはどんな治療法? そのメリットとは?

歯並びを良くするためだからといって、必要な歯を減らすことに抵抗を感じている方もいると思います。
そんな方におすすめしたいのが「ミュー」という矯正方法。「歯を抜く必要がない矯正」として知られています。
今回はそんな「ミュー」の特徴について紹介し、そのメリットもあわせてご紹介していきます。

歯を抜かない治療法のひとつである「MEAW(ミュー)」とは

噛み合わせの学問とワイヤー技術で抜かない矯正

矯正について情報を集めている方の中には、MEAW(ミュー)という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。 MEAWとは「Multiloop Edgewise Arch Wire」の頭文字をとった名称で、オーストリア咬合学という噛み合わせの概念と、ワイヤーの技術を組み合わせた矯正方法です。従来の歯並びの「見た目」から矯正していく方法とは異なり「噛み合わせのバランス」から整えていく点が特徴です。
今までの歯列矯正は抜歯をしたり歯に圧力をかけて歯並びを整えますが、ミューでは歯の下にある「骨そのもの」に働きかけます。例えば並びきらずに出っ張った歯があるのなら、ミューでは歯の下にある骨を矯正して出っ張った歯が入り込めるようなスペースを確保させる方法をとります。

患者さんごとにオーダーメイドの複雑なワイヤーで矯正します

ミューも従来の矯正と同じように、ワイヤーをそれぞれの歯にとりつけて矯正を行いますが、従来の矯正の三倍の長さのワイヤーをループ状にそれぞれの歯に取り付けるという点が違いです。患者さんのお口の現状と、矯正で目指す歯並びに応じて、患者さんごとに複雑なループ状のワイヤーを作ることになります。この複雑なワイヤーを用いた矯正は難易度が高く、確かな技術が求められます。

ミューは歯を同時に、前後左右に動かせます。

従来よりも複雑なワイヤーを使うミューは、ワイヤーの形状が一本一本の歯に絡みつくような形式になっているため、全ての歯をまとめて同時に動かすことができます。また、動かす方向も従来は左右が主でしたが、前後や上下にも同時に動かすことができます。後ほど詳しくご紹介しますが、これが治療期間短縮というメリットにつながります。

ミューの歴史

MEAWはアメリカ・タフツ大学のDr.キムが開発しました。日本では神奈川歯科大学の佐藤貞雄教授を中心に技術の向上や指導が行われてきました。こういった経緯から、日本では関東を中心に広まっており関西ではまだまだ治療を受けられる医院が少ない状況となっています。

ミューをお勧めしたいのはこんなメリットがあるからです

歯を抜かないから身体の負担が軽い

従来の矯正は、歯を動かすためのスペースを確保するために歯を抜くのが一般的でした。ですが歯は抜く瞬間には体に負担がかかり、その後の生活にも影響が出てしまいます。歯を抜くことで筋肉の緊張や収縮がおこり、頭痛が起きたり顔のラインが変わってしまったり、といったケースも残念ですが起きてしまいます。
出来ることなら身体への負担を軽く、自分の歯は大切に残したいという思いに応えるために考案されたのが、非抜歯矯正のミューです

ミューは従来の半分の期間で矯正が可能になります。

今までの歯列矯正では、治療が終了するまで早くても2年半、長い人なら5年はかかるだろうとされていました。しかしミューを用いた矯正方法なら早ければ半年、時間がかかっても2年で完治させることができるのです。 MEAWは全ての歯を、上下・左右・前後と同時に動かすことができるのが特徴なため、まず左右を動かし次に上下を…と順々に整えていた従来のやり方に比べて、期間の短縮が可能となります。

噛み合わせを意識した矯正法です

ミューは噛み合わせを理論の中で強く意識した矯正方法です。全ての歯を上下・左右・前後に動かすことで、噛み合わせに優れた歯並びを実現します、噛み合わせは歯の健康を大きく左右します。ミュー矯正の効果は見た目の良さを手に入れることはもちろんですが、噛み合わせの良い歯を手に入れられることも、大きなメリットといえるでしょう。

ミューのデメリットを知っておいてください

複雑な構造によるデメリットがあります

ミューで使うワイヤーは複雑なループ構造をしています。そのため、どうしてもブラッシングに手間がかかってしまうことがあります。また、従来のワイヤーよりは違和感を感じる可能性もあります。

複雑なワイヤーで技術が必要なため、どこの医院でも取り扱えるものではありません

ミューは難易度が高いため歯科医の経験や技術力が問われることになります。比較的歴史の若い治療法であるため、導入している医院もそこまで多くはないというのが現状です。信頼できる実績ある歯科医を選んで頂くことが重要になります。

非抜歯矯正ミューに不安はありませんか?

非抜歯だと前歯が出てしまうのでは?

抜歯をしないことで、せっかく歯並びを良くしても前に突き出る形になってしまうのでは、という不安を伺うことがあります。 MEAWでは奥歯も含めてまとめて動かすことで歯並びを整えるスペースを作ることができるので、前歯を出さずに矯正することも可能となります。

気になる費用は…

矯正にかかる器具や治療などを含めると70万~100万円前後の費用はかかります。その他にも更に10万円前後のレントゲン写真の撮影や検査料なども別途かかってくるため、やはりある程度のまとまった費用は必要だと考えておくべきでしょう。 また非抜歯矯正では抜歯の費用はかかりません。抜歯の費用は1本につき大体5000円~1万円程度とされているため、上下左右で4本抜くとなると4万円の節約になることにもなります。非抜歯矯正で治療を進めていく場合はこの費用が一切かかりません。
抜歯による従来の矯正の相場も同程度ですので、抜歯か非抜歯かは費用ではなく、メリットデメリットを考えてご自身に適したものを選択することをお勧めします。

矯正治療は長期間にわたるもので、当初とは話と違い追加の費用で総額が膨れ上がってしまった、といったトラブルが残念ながら起きてしまうこともあると聞きます。 くろさき歯科では、初回の無料相談の際に治療計画や費用についてしっかりとご説明し、納得いただいてから治療に入ります。
安心して治療に専念していただくためにも、治療内容はもちろん費用の面でも不明な点や不安なことは1つ残らずご相談ください。

非抜歯、短期間のミュー

ここまで紹介したようにミューを使った矯正術を活用することによって、今まででは実現が難しかった「抜歯なしでの矯正」が可能になりつつあります。 もちろん歯の状況によって抜歯が必要なこともあります。中でも「親知らず」はミューでの治療でも抜かなければならないことがあるため注意しておきましょう。
しかしその他の歯に関して「できる限り使い続けていく」という考え方は従来の歯列矯正ではあまりなく、矯正ができないからといってすぐに抜歯につながるわけではありません。抜歯をせず、そして治療時間もかけたくないと考えている方は一度このミューを使った治療法を検討してみてはいかがでしょうか。

大正13年開業。1万4000件以上の実績。
くろさき歯科
埼玉・南浦和駅前 徒歩1分
(矯正無料相談・初診専用ダイアル)
※番号をクリック(タップ)すると発信します。
はじめての方に矯正無料相談を実施しております。
お電話・予約フォームから受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

TOPへ戻る